膠原病

膠原病の筋肉の症状(筋肉痛・筋力低下)

筋肉痛などは日常的によく起こるので、つい見過ごしがちです。しかし筋炎が、じわじわ進んでいることもあります。

筋肉の症状

筋肉痛膠原病では筋肉が痛むこともあります。とくに多発性筋炎皮膚筋炎(PM/DM)では、筋肉をつかむと痛みを訴えたり(把握痛)、筋肉を使うとある特定の部分に痛みを訴える(運動痛)ことがあります。
筋肉の炎症が長く続くと、筋肉の組織が壊れるために筋力が落ちてきます。一般には上腕部や大腿部などの、体幹に近い部分の筋肉が損傷するので、「布団が持ち上げにくい」とか「トイレでしゃがむと立ち上がりにくい」などの症状が出てきます。
多発性筋炎は、くび、肩、腕、太もも、腰など、体の中心に近い部分の筋肉(近位筋)に障害が起こる病気で、よくみられるのは筋力の衷えによる「脱力」で、左右対称にあらわれます。小児に起きた場合は、まず筋ジストロフィーを考えますが、皮疹があれば皮膚筋炎の可能性を考えます。

筋力の衰えが表面に出ない「易疲労」

筋力の衰えがはっきり表面に出ないで、疲れやすくなる「易疲労」の形をとる場合があります。それが筋力の衰えのためと気づかず、疲れやすいのは運動不足のせいと思ってスポーツをすると、立ち上がれないほどの脱力を、急激に発症するケースがあります。多
発性筋炎は、本来はじわじわと進み、急に発病することはありません。

物が飲み込みにくくなったり、呼吸が困難になる

筋炎が咽頭筋や胸郭呼吸筋などにも及ぶケースがあります。こうなると、物が飲み込みにくくなったり、呼吸が困難になることがあります。

「筋肉痛」を伴うことも…

多発性筋炎・皮膚筋炎では、「筋肉痛」を伴うこともあります。ほかにも筋肉痛が起こる膠原病には、リウマチ性多発筋痛症結節性多発動脈炎顕微鏡的多発血管炎アレルギー性肉芽腫性血管炎などがあります。なお皮膚筋炎は、多発性筋炎の症状に皮膚症状を伴う病気です。

筋炎が気になった場合

①体重の変化をみてみましょう。筋肉の障害が進むと、数キログラムも体重が落ちることがあります。

②筋炎では立ちしゃがみが難しくなります。立っている姿勢から、しゃがみ、30秒後に立ち上がる動作を、3回繰り返してみます。どこかにつかまることや、手の補助がなくても、3回できれば強い障害はないといえます。

スポンサードリンク


88.gif88.gif

ページの先頭へ