膠原病

関節リウマチの有病率(女性に多い病気)

関節リウマチの有病率は0.5~1%とされています。関節リウマチの患者さんの男女比は、男性1に対して女性が4で、比較的女性に多い病気といえます。

女性に多い理由

有病率(男女比・年齢)

関節リウマチと診断された年齢

有病率

リウマチの有病率は0.5~1%とされています。諸外国でも、だいたい1%前後のようです。とくに、どこかの地域に多発しているわけではありません。

男女比

性別にみると、関節リウマチの患者さんの男女比は、男性1に対して女性が4で、この数字をみても女性に起こりすいことがわかります。

年齢

年齢の面からみると、この病気がおこりゃすい年齢は30~60歳代です。リウマチが家族内で発症するという例もありますが、一般にはそれほど強い遺伝性はありません。
リウマチは出産をきっかけに発症することがあります。また、けがや強い精神的ストレスもそのきっかけになることがあります。

スポンサードリンク


88.gif88.gif

ページの先頭へ