膠原病

強皮症の検査と診断

強皮症の診断も症状および検査所見などにより総合的に行います。

皮膚生検

皮膚硬化が疑われる場合には、皮膚生検が行われます。ふつうは前腕伸側から皮膚をごくわずか採取します。顕微鏡で見て、表皮の萎縮、真皮下の線維化などがあれば診断を確定します。

血液検査

抗核抗体は強皮症の90%以上で陽性になります。このほか、抗トポイソメラーゼI抗体(抗Sc1-70抗体)が陽性になることがありますが、全例ではありません。しかし、この抗体が陽性であれば強皮症が強く疑われます。
抗セントロメア抗体CREST症候群のときに陽性となります。生化学検査では、間質性肺炎があると血清LDH値が増加するほか、KL6値も増加します。

スポンサードリンク


88.gif88.gif

ページの先頭へ